お問合せ先:
Tel: 042-646-0012   
Fax: 042-631-5185  
E-mail: info@office4-pro.com

 

スタディツアー

「バスーラの家」を訪れる若者が多くなりました。2010年の夏はツアーを開催していきます。東京の上映会の中で案内していきます。(2010年5月31日記)

 

 

 

以下は、2010年3月の建設プロジェクトの記事です。

 

「バスーラの家」建設プロジェクト サポート・ボランティア募集
2010年1月〜3月(BASURAボランティア・ツアー)

 

日本の若者が世界を変える!

2009年6月より公開された映画『BASURA バスーラ』の舞台、フィリピンの首都マニラ北にあるスモーキーマウンテン近くのアロマごみ捨て場に日本の若者が大挙して訪れ、敷地内でさまざまなボランティア活動の拠点としての「バスーラの家(BASURA HOUSE)」建設を始めます。(2010年春完成予定)
ぜひ皆さまのご参加をお待ちしております。

映画『BASURA バスーラ』監督 四ノ宮浩   

 

     

(チラシ画像をクリックしていただくと拡大版がご覧になれます)

 

 

支援活動の拠点「バスーラの家」を作るボランティア・ツアーを実施します!

四ノ宮浩が20年にわたって撮り続けてきたフィリピンのごみ捨て場で暮らす人々の暮らし。そこには家族の強い絆、子供たちの瞳の輝き、貧しい中でも逞しく生き抜く姿が描き出されています。しかし一方、貧困や劣悪な衛生環境ゆえ幼くして命を落とす子供たちが多いことも、この20年間ほとんど変わらないままです。

そうした現状を少しでも改善していくための継続的な活動の拠点となる施設、それが「バスーラの家」です。

このプロジェクトでは、ご参加くださる皆さんと共にこの「バスーラの家」を建設します。

また、給食プログラムなどの支援活動やごみ拾い体験なども行い、現地の人々となるべく多くの交流機会が取れるようにいたします。

こうした活動を通して、日本に住む私たちの暮らしとはかけ離れた生活があることを身をもって経験し、世界に対する新しい視野を開くこと、それもこの建設プロジェクトの目的です。

 

 

概要

開催期間:2010年1月10日(日)〜16日(土)を第1回目とし、以後毎週<日曜日出発・土曜日帰国>のスケジュールで、最終回の3月21日(日)〜27日(土)まで、全11回のツアーを連続して行います。(1/10, 17, 24, 31, 2/7, 14, 21, 28, 3/7, 14, 21 が各出発日となります)

各日程(6泊7日):
日曜日 成田集合(7時半)・出発・マニラ着、ホテル到着後、「モール・オブ・アジア」で夕食兼オリエンテーション、その後はショッピングなど自由時間
月曜日 ケソン市のUP(University of the Philippenes)Hotel に到着後、アロマごみ捨て場その他を見学
火曜日 アロマごみ捨て場で「バスーラの家」建設作業、ごみ捨て場住民の方々に給食支援活動
水曜日 同上
木曜日 同上(火〜木3日間の間に、ごみ拾い体験・その他を実施)
金曜日 終日自由時間(観光やアロマごみ捨て場再訪・ボランティア活動など、参加者個々のご希望にそったオプショナルツアー [別料金] の手配も承ります)
土曜日 ホテルチェックアウト後、マニラ出発・成田着・解散(21時予定)
*初日のオリエンテーションとは別に、全参加者による振り返り・自由討論の時間を期間中2回設けます(火・木を予定。内1回はUPの学生も同席)

建設作業について:「バスーラの家」は1階建て(少し高くして、ロフト部分が付くかもしれません)。現地では現在基礎工事を終え、外壁ブロックを途中まで積み上げた状態です。参加者の皆さんは、その参加時期により外壁の補強と仕上げ、屋根作り、内外装の美化など、担当する作業が変わってきます。最後には皆さん各自の記念プレートを壁面に取り付け、ツアー最終回中での完成を目指します

参加者ご負担額
参加費90000円【プログラム実施費用、宿泊6泊分、食事16食分、現地交通費】+マニラまでの航空費用【航空運賃52000円〜64000円(時価)、燃料サーチャージ5600円(時価)、空港使用料(成田2540円・マニラ750ペソ)】
*基本は成田からの出発・帰着(PR431/PR432便)ですが、他空港での発着手配、保持マイルによる減額された費用での自己購入なども可能です。詳細は下記エフティエヌまでお問い合わせ下さい

お申込み方法
1. 「申込み書」「手配旅行契約申込み・規約書」を左記リンク元からダウンロード(Windowsの方は右クリック、Macの方はControlキー+クリック)・ご確認いただき、申込み書に必要事項をご記入後、下記エフティエヌまで郵送またはFaxにてお送り下さい

2. 順次、応募結果をお知らせし、ご参加いただける方には受付番号その他を通知いたします
3. 受付番号を受け取られたのち、3日以内に申込み金(参加費の一部)をご入金いただきます。入金が確認された時点で正式なお申込みとなります
4. お申込み完了後、旅行に関する詳細な資料・残金お支払い方法のご案内などをお送りいたします

ご応募資格
・16歳以上で心身ともに健康な方(未成年の方は保護者による同意が必要です)
・「バスーラの家」建設プロジェクトの主旨に賛同し、参加中は団体行動が基本指針である事をご理解くださる方

その他
・1回あたりの最少参加人数は6名です
・宿泊施設は男女別の相部屋となります。部屋割りのご希望や別部屋のご手配を承ることは出来ませんので、あらかじめご了承下さい
・お申込み後のキャンセルやその他旅行条件については手配旅行契約申込み・規約書に記載していますので、ご参照下さい

 


プログラム企画・実施:有限会社オフィスフォープロダクション、バスーラ基金
〒145-0073 東京都大田区北嶺町44-12
Email: info@basurafoundation.org
http://www.office4-pro.com/ http://www.basurafoundation.org/

プログラム実施協力:株式会社ステージア
〒104-0045 東京都中央区築地6-19-21 ニチレイ東銀座レジデンス2107
Email: travel@stager.co.jp http://www.hilot.jp/

お問い合わせ・お申込み先・旅行手配:有限会社エフティエヌ
〒106-0032 東京都港区六本木3-1-30 ABビル8F「BASURA係」
Tel: 03-3585-5621 Fax: 03-3588-0959(土日祝を除く)
Email: travel-ftn@friendship.co.jp 東京都知事登録旅行業 第3-5622号

 

 

「バスーラの家」作り、少しずつ進んでいます!
土台部分の作業は素人だけだと建った後が危ないので、途中までは専門の人にお願いしています

2009/9/30

2009/11/16

2009/11/18

2009/11/22

 

 

***

 

 

映画『BASURA バスーラ』の世界で自分の限界を超える旅
2009年7月27日(月)〜8月2日(日)

このツアーは終了いたしました。文章・ビデオによる現地レポートはバスーラ基金のホームページをご覧ください。

 


こんな旅はまずない。自分の限界を超える旅…。


フィリピンのスモーキーマウンテンを20年前から見つめている監督・四ノ宮浩の想い。
それは「日本の若者にこそ貧しい現実を見てほしい。そして自分の限界を超えてほしい」ということ。

自分の限界とは何か……。

ごみ捨て場を目の当たりにすれば、その死さえも感じさせる現場に、精神的にも体力的にも限界を感じることだろう。 ごみを集めることしか生きる道のない子供たちを目の前にして、自分の無力さに限界を感じるかもしれない。 見たくない、自分には何も出来ない、そう思いたくなる現実もそこには待っているかもしれない。

でもあえてこのツアーをするのは、監督や同行する仲間たちと一緒にその壁を超えてもらうため。
壁を超えることで、あなた自身も変わる、そして周りを変えることもできるかもしれない。

あなたもこのツアーに参加してみませんか?

このツアーの特徴はこちらです

☆ 四ノ宮監督も同行します!
☆ ごみ捨て場に住む子供たちへの給食プログラムを行います!
☆ 映画『BASURA バスーラ』の出演者と交流します!
☆ 四ノ宮監督そして子供たちと一緒にごみ拾い体験をします!

 

現地プログラム企画:有限会社オフィスフォープロダクション
〒145-0073 東京都大田区北嶺町44-12
Tel: 03-6425-9037 Fax: 03-5754-4148
Email: info@office4-pro.com http://www.office4-pro.com


旅行企画・実施・お問い合わせ:株式会社ステージア
〒104-0045 東京都中央区築地6-19-21 ニチレイ東銀座レジデンス2107
http://www.hilot.jp/