お問合せ先:
Tel: 042-646-0012   
Fax: 042-631-5185  
E-mail: info@office4-pro.com

 

ストーリー

2006 年、新たな気持ちでフィリピンの貧しさの現実に向き合う覚悟を決め、四ノ宮浩は自らの作品の原点であるマニラを訪れた。 

そこで目にしたのは商店街の軒下で寝転ぶホームレスの家族や、街中でゴミをあさる子供たちといった初めてフィリピンにやってきた20 年前となんら変わらない貧しい人々の光景……。 

そんな中、第一作『忘れられた子供たち スカベンジャー』との舞台であり、1995 年11 月に政府によって閉鎖されたスモーキーマウンテンの周辺だけはどこか整然としていて、「変わった」という印象だった。 

20年前に撮影を通して出会った彼らはどうしているのだろうか?

四ノ宮浩は、処女作『忘れられた子供たち スカベンジャー』を通して出会った登場人物たちをひとりひとり訪ねる旅に出た。 

フィリピンのスカベンジャー

マニラ近郊の巨大なゴミ捨て場の街「スモーキーマウンテン」には、40年以上にわたりゴミを拾って転売することを生業とする2万人以上の人々が暮らしていた。しかし、世界から貧困の象徴として注目されたことに耐えかねた政府は、1995年に街を突如閉鎖。生活の場を奪われた人々に対し仮設住宅が用意されたが住人の9割は仕事が見つからず、現在もそのほとんどが近隣にできた新しいゴミ捨て場で以前と変わらぬゴミ拾い生活を続けている。 

【バスーラとは】タガログ語で「ゴミ」を表す 。